社交ダンスについて

画像3

社交ダンスとは、一般的に欧米諸国で踊られていたダンスをイギリスにおいて体系化、標準化したものをいいます。

ダンスの種類は、大きく分けてスタンダート種目とラテンアメリカン種目の2つがあり、男女1組で踊ります。スタンダードはモダンとも呼ばれ、ヨーロッパの宮廷舞踏をルーツとした上品なダンスです。ラテンアメリカンは主に南米をルーツとした情熱的なダンスです。

これらの社交ダンスは海外ではたいへんポピュラーですが、日本では少し気恥ずかしいイメージがあるようです。しかし映画『Shall we ダンス?』やTV『ウリナリ芸能人社交ダンス部』などの人気もあり、近年では老若男女問わず多くの方々に愛されています。

スタンダードとラテンアメリカン

スタンダード(モダン)

■主なダンスの種類(太字は競技種目)
ワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、
クイックステップ、ヴェニーズワルツ、ブルース
■ルーツと特徴
スタンダードはモダンとも呼ばれ、ヨーロッパの宮廷舞踏をルーツとした一定の方向に進みながら男女がきちんと組んで踊る上品なダンスです。
ステップやホールドの正確さが求められ、
格調高いフォーマルなダンスです。

画像4
スタンダードとラテンアメリカン

ラテンアメリカン

■主なダンスの種類(太字は競技種目)
ルンバ、サンバ、チャチャチャ、パソドブレ、
ジャイブ、マンボ、ジルバ
■ルーツと特徴
ラテンアメリカンは主に南米をルーツとし、男女の組み方が自由で手を放し離れて躍る事もある明るく情熱的なダンスです。
自由な衣装に身を包んで躍るラテンダンスは解放的なダンスといえます。

スタンダードとラテンアメリカン

社交ダンスの基礎的なステップはイギリスの社交ダンス協会によって定められており全世界共通です。
これは国内はおろか世界のどんな方々とも同じ音楽でムーブメントを共有できるという事です。
社交を目的として発展してきた社交ダンスだからこそ、誰でも簡単に習得でき、誰もが親しくなれる要素を持ちます。ほんの少しの勇気を持つだけで、ダンスパーティー等で出会った初対面の方ともすぐに踊れてしまいます。この社交ダンスの醍醐味を是非楽しんでください。

社交ダンスは正しい姿勢を保ちながら音楽にあわせて有酸素運動を行います。曲に合わせてリズミカルに長時間踊りますので脂肪燃焼が期待できます。
またウエイトトレーニング等の高負荷・短時間のトレーニングとは違い、社交ダンスでは低負荷・長時間のトレーニングを行います。
これによりインナーマッスルが鍛えられ、女性の場合ですとしなやかで女性らしい曲線がうまれます。
またインナーマッスルは普段の姿勢や新陳代謝にも影響を与えますので美容や健康にも良いとされています。
プロポーションの維持のためにも是非社交ダンスをおすすめいたします。

社交ダンスは老若男女を問わず多くの方から愛されているダンスです。 それだけに年齢層も幅広く、職業も様々な方がおられます。ダンスパーティーなどには沢山の出会いや社交があり、年齢を気にせずいつまでも長く楽しむ事が出来ます。

しかし、ただなんとなく目標も無く社交ダンスをするというのではなかなか続かないものです。ダイエットや教養の為であるなど、はじめるキッカケは人それぞれだと思いますが自分なりの目標を是非設定して下さい。

そしてご自身の成長を感じられた時に、「こんなステップが出来るようになった」や「男性とも恥ずかしがらずに踊れるようになった」など、素敵な喜びの声をおきかせください。

Copyright (C) 2009 Line Dance School All Rights Reserved.